ご当地グルメの祭典・B-1グランプリ

日本食に飽きてしまったグルメな外国人の為に

私は、外国人の観光案内の仕事をしています。お客さんとしてくる外国人は、老若男女さまざまな人たちです。友人同士で来る人たちもいれば、家族旅行で来る人もいます。そんな私が、いつも迷ってしまうのが、レストラン選びだったりします。やはり、外国人が、日本で食べるものと言えば、寿司や天ぷらなど、日本独特のものが多くなってくるのですが、寿司を何日も続けて食べる方は、あまりいません。何日も滞在しているうちに、自分の国の食べ物が恋しくなったりもするのです。

そんな要望を外国人のお客さんからもらった時に、私が連れて行く場所が、東京駅だったりします。東京駅の中には、海外のレストランやカフェも入っていたりするのです。外国人のお客さん曰く、日本に出店している海外のレストランは、味がさっぱり目になっている、と言ってました。多分、日本人が食べやすいよう、レシピを少し変えてるんだと思います。それでも、グルメなお客さんは、その海外と日本のレシピの違いを楽しんでるように見えました。